胃がんの治療の正しい知識 » 胃がんの再発・転移の可能性 » 転移がんの特性と転移しやすい臓器 » リンパ節への転移と治療法

リンパ節への転移と治療法

胃がんのリンパ節に転移した場合の症状や診断方法、治療法について紹介しています。

リンパ節に転移しやすい胃がん

がん細胞がリンパ管に入り込み、リンパに転移するのがリンパ行性転移です。

胃がんは、比較的早い段階から、リンパ節に転移しやすいがんです。

リンパ管に入り込んだがんは、リンパ管を流れ、胃の周りのリンパ節に流れます。

リンパ節は、胃に近いところから1群リンパ節、2群リンパ節、3群リンパ節と分類されますが、胃に近いリンパ節に転移すると、より遠いリンパ節へと転移していきます。そのため、胃がんがある程度進行すると、近くのリンパ節にもがんが隠れている可能性が高いため、手術の際、近くのリンパ節も一緒に取る「リンパ節郭清」が行われるのです。

リンパ節に転移した場合、がんが少し大きくなっても自覚症状はあらわれないのですが、転移した先で、ほかの組織を圧迫して痛みを起こすことがあります。

また、皮膚や体の表面のリンパ節に転移すると、しこりになるときがあり、触るとわかります。

肝臓の入り口付近のリンパ節に転移した場合には、胆管が圧迫されて詰まり、黄疸が出ることがあります。

リンパ節に転移した場合、細菌感染によるリンパ節の腫れとは異なり、痛みや熱はなく、かたくなるのが特徴です。

リンパ節転移の診断方法

胃がんのリンパ節への転移は、通常、CT検査でわかることが多いです。

リンパ節は通常、小豆くらいの大きさなのですが、がんが転移すると、もう少し大きくなることが多いので、丸く腫れたリンパ節が見つかります。

リンパ節に転移した場合の治療法

転移しても、しばらくの間は、胃の近くのリンパに留まっていることが多く、その場合は、手術で治すことも可能です。

かつては、第1群リンパ節と第2群リンパ節を合わせた「領域リンパ節」すべてを切除することが多かったのですが、リンパ節の中でも、がんがよく転移するリンパ節と転移しないリンパ節があり、転移しないリンパ節は、全身への転移を防いでくれていることがわかりました。

そのため、現在では、転移のないリンパ節は残されるようになりました。

しかし、リンパ液の流れによって、全身に胃がんの細胞が広がっている可能性が高いと、手術での治癒は難しいため、この場合の治療は抗がん剤が中心になります。

抗がん剤治療について
詳しく知りたいかたはこちら

転移の予防法について
詳しく知りたいかたはこちら

参照元:片井均、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 胃がん』小学館クリエイティブ.

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.