胃がんの治療の正しい知識 » 胃がんの代替療法とその種類

胃がんの代替療法とその種類

健康食品、鍼灸、アロマセラピーなど、胃がんで行われることの多い代替療法についてまとめています。

胃がんで行われる代替療法とは

代替療法というのは、正式には「補完代替医療」と呼ばれることが多いです。これは、現在、私たちが病気にかかったときに受けている西洋医学を補う(補完する)医療である「補完医療」と、西洋医学にとって代わる「代替医療」を合わせたものです。

本来、補完医療と代替医療は異なる部分もありますが、厳密に区分することは難しいため、この両者をまとめて補完代替医療としています。

代替療法の中には、科学的に証明されたものは少ないため、その選択は慎重に行うようにしましょう。

健康食品

代替療法を利用している人の約96.2%が、健康食品やサプリメントを取り入れているそうです。

がんへの健康食品として、アガリクス、レイシ、メシマコブ、プロポリス、キトサン、サメ軟骨が有名ですが、いま、注目を集めているのが米ぬか多糖体。米ぬか多糖体には強い免疫増強作用があり、医学的な実証もされている、実力派の成分です。

鍼灸

経穴に細い金属の針を刺したり、もぐさを燃焼させて刺激を与える鍼灸治療。神経系疾患から耳鼻科・眼科疾患まで、幅広い症状に対応しています。

胃がんにおいては、がんを治すというよりも、痛みや全身症状の軽減、心理的・精神的苦痛を和らげるなど、QOL全般の改善のために行われています。

とくに、吐き気や嘔吐の軽減についての効果が高いようです。

アロマセラピー

花やフルーツ、森林などの香りの精油を用いて、香りを楽しんだりリラクゼーション効果を得るアロマセラピー。

胃がんなどのがんに対しては、がんの縮小や消失ではなく、がん患者の心理状態の改善を目指しています。

とくに不安やうつ症状などの精神的な症状の改善効果に期待されています。

アロマセラピーは、香りをかぐだけでなく、アロマオイルを使ってマッサージをすると、皮膚や粘膜からも吸収されて効果を発揮します。

ただし、原液は刺激が強いので、皮膚に使う場合には必ず希釈して使う用にしましょう。

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.