胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【管理栄養士監修】胃がん手術後の食事・レシピ » ふんわり鶏団子とトマトのスープ煮

ふんわり鶏団子とトマトのスープ煮

ふんわり鶏団子とトマトのスープ煮

ポリ袋に材料を入れてもむだけで出来る、ふんわりやわらかな鶏団子。みじん切りにした玉ねぎを生のまま加える事でシャキシャキとした食感も楽しめます。

消化に時間のかかるトマトの皮は、切り込みを入れて煮ると自然にはがれてくるので、盛り付けの際に取り除きます。
たんぱく質やビタミン、ミネラルがひとつの皿からとれる具沢山スープは食欲がない時にもオススメです。

調理時間 15分、エネルギー 170kcal

材料(1人分)

  • 鶏ひき肉 50g
  • はんぺん 50g
  • 玉ねぎ 1/8個(約25g)
  • 水300cc
  • ミディトマト 1個
  • キャベツ 1枚(約40g)
  • 塩こしょう 適宜

作り方

  • 手順1

    ① ミディトマトはヘタを取り、反対側の皮に十字の切り込みを入れる。玉ねぎはみじん切り、キャベツは食べやすい大きさに切る。

  • 手順2

    ② ポリ袋にはんぺん・鶏ひき肉・玉ねぎを入れよくもむ。しっかりと混ざったら5等分し、団子状に丸める。

  • 手順3

    ③ 小鍋にお湯を沸かし、沸騰したら中火に落として、②・ミディトマト・キャベツを入れ、5分煮、塩・こしょうで味を整える。器に盛る際にトマトの皮を取り除く。

ポイント

キャベツ・トマトを入れたスープ煮以外にも、白菜や青菜、豆腐などを入れて煮込み、お好きな味付けをして鍋料理にしても。

ポリ袋で作った鶏団子の生地を小さな小判形にまとめてフライパンで焼き、甘辛いタレを絡めてつくね風にしても美味しくいただけます。

わたしがレシピ監修しました!

管理栄養士GOHAN-MAYU

GOHAN-MAYU
管理栄養士

女子栄養大学卒業後、老人福祉施設での献立作成・調理業務、保健機能食品などの食品試験に関わる業務、飲食店での調理業務などを経て独立。「決して特別な日のごはんではなく、毎日食べたいココロもカラダもマンゾクするものを」をモットーに、素材の美味しさを生かした誰でも美味しく作れる料理を紹介し好評を得ている。現在は幅広く、料理教室、セミナー講演、出張料理などで活動中。
ブログURL:http://gohan-mayu.com/

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.