胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法 » ステージ3B・3C期

ステージ3B・3C期

ステージ3A期よりもさらに進行した状態のステージ3B・3C期。身体の状態や治療方法について紹介します。

胃がんステージ3B・3C期の定義

胃がんのステージ3B・3C期とは、以下の状態です。

3B期

3C期

ステージ3B・3C期の自覚症状

などの自覚症状が感じられることが多いようです。こうした症状を放置してしまうと、腹水や胸水がたまり、持続的な痛みを感じるようになってきます。

胃がんが進行するとともに、胃やその周辺の痛みも強くなっていくようです。

ステージ3B・3Cの胃がんの余命・生存率

ステージ3Bの胃がん5年生存率はおよそ47%、ステージ3Cで32%という治療データがあります。(※1)しかし、これは胃がんの治療を開始してから5年後に生存している人の比率であり、必ずしも胃がんが原因とは限りません。病院や統計時期によってもデータは変わってくるため、必ず当てはまるわけではないということを理解しておきましょう。

外科手術+化学療法が一般的

ステージ3B・3C期では、外科手術に加えて、抗がん剤による化学療法が行われます。

手術では、胃の2/3以上の切除や全摘出、胃の付近のリンパ節の切除など、胃がんが侵入していると思われる部分を切除する拡大手術が行われることが多いです。

目に見えないがんが残り、再発するのを防ぐために、術後に化学療法を行ったり、がん細胞を縮小させる目的で、術前に化学療法を行う場合があります。

ステージ3B・3C期になると、拡大手術を行っても、すべてのがんを取り切れない可能性も出てきます。

患者の体力やQOLの観点から、拡大手術が最善の方法とは言い切れない場合もありますので、患者に合った最善の治療法を選ぶことが重要です。

抗がん剤治療について
詳しく知りたいかたはこちら

ステージ3B・3C期の再発の可能性

ステージ3B期、ステージ3C期ともに再発の可能性も高いといわれています。

他の臓器への転移も見られる段階なので、すべてのがんを切除しきれなかった場合には、それを進行させないようにすることも大切です。

食欲が減退する場合には

ステージ3A期同様、胃がんの術後には、食欲が減退する人が多いようです。

拡大手術の影響によって、胃や他の臓器の切除による食事への負担や精神的ストレス、抗がん剤治療の副作用による嗜好の変化、食後に下痢や便秘を起こす可能性からの食事の恐怖などが原因ですが、それぞれの症状に合わせた食事の方法があります。

胃がんステージ3A期よりもさらに身体への負担の大きい、ステージ3B・3C期の手術。

思うように身体が回復せず、食事を摂ることもままならないという人も多いかもしれませんが、QOLを維持・向上させるために、少しでも食欲を取り戻したいものです。

近年、注目を集めている「米ぬか多糖体」は、食欲を増やしたり免疫力のアップにつながるといわれている成分です。

進行がん患者205人を対象に、通常治療に加えて米ぬか多糖体を摂取してもらい、前後のQOLを18ヶ月比較したところ、摂取前に比べて、痛みや疲労感、吐き気が減少といった結果が得られたました。なかでも食欲の増加が顕著であったとの報告もありました。

食欲増進ほかQOL向上に注目の成分
米ぬか多糖体の詳細はこちら

参考文献

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.