胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法 » 胃がんステージ4における腹水の症状・治療法

胃がんステージ4における腹水の症状・治療法

腹水とは、内臓の表面を覆う腹膜と内臓との間に溜まった水のこと。腹水が多くなると内臓が圧迫されて、様々な自覚症状が生じます。胃がんのステージ4(末期)になると、胃の周辺に腹水が溜まり胃を圧迫。お腹の張りや食欲不振を自覚するとともに、悪化すると胃に痛みを感じます。以下では、胃がんのステージ4(末期)において生じることが多い腹水について、その詳しい原因、治療法などを解説。また、腹水に悩む患者さん本人に対し、周囲の家族ができることについても触れたいと思います。

胃がんステージ4(末期)における腹水の原因

胃がんのステージ4(末期)における腹水の直接的な原因は、腹膜と胃との間にたまった水です。 水が溜まってしまう理由には、以下の2つがあります。

胃に生じた「がん性炎症」

いかなる種類のがんであれ、症状が進行して末期にいたると、患部で炎症が生じます。この炎症のことを、「がん性炎症」と言います。 「がん性炎症」を起こした部位からは、少しずつ水が漏れていくことが確認できます。この水が腹膜と内臓との間に溜まってしまうことにより、腹水が生じます。

肝臓機能の低下によるアルブミンの生成量の低下

体に溜まった水は、本来、アルブミンという物質の働きにより、血液中へ送られていきます。血液中に送られた水は、やがて尿となり体外へと排泄される仕組みです。ところが、がんの末期にいたると、肝臓の機能が低下。その影響により、アルブミンが十分に生成されなくなります。その結果、余分な水が上手に血液中に送られなくなり、腹水となって溜まってしまいます。

胃がんステージ4(末期)における腹水の治療法

がん以外の病気によって腹水が溜まった場合、一般には、上で紹介したアルミンを人工的に点滴して補充したり、または腹水自体を抜いてしまう処置をしたりします。しかしながら、胃がんステージ4において溜まった腹水に対し、同じ処置を行なったとしても、ほどなく再び腹水が溜まってしまいます。胃がんの末期における腹水への対処法は、他の病気における腹水への対処法とは根本的に異なることを理解しておきましょう。 胃がんの腹水に対しては、以下のような対処法を採ることがあります。

利尿剤

利尿剤、すなわち尿の排出を促す薬を投与することにより、腹水を多少軽減させることが可能です。 尿の中には体内の毒素も含まれているため、利尿剤によって排尿を促すことは、全身状態を改善させるためにも有効です。

腹水ろ過濃縮再静注法

いったん腹水を抜いてしまい、その後でタンパク質などの必要な成分を注入により戻す、という方法です。 腹水による自覚症状を緩和させ、かつ、必要な栄養を補うという有効な治療法ではありますが、現状、保険適用は見送られています。よって治療費の全額が患者負担となるため、腹水ろ過濃縮再静注法を定期的に受けられる患者は、極めて少数派です。

痛み止め

何らかの処置を行なったとしても、ほどなく腹水が再発する以上、腹水を治療することではなく、腹水による痛みなどを緩和させることのほうが、現実的な対処法であるかも知れません。よって、腹水が溜まったステージ4の胃がん患者に対しては、一般的に、モルヒネなどの痛み止めを使用して対処します。モルヒネには、痛みを緩和させる効果と同時に、腹部の張りによる苦しさを軽減する働きもあります。余命におけるQOLを高める上で、患者も家族も積極的に検討すべき有効な対処法となるでしょう。

なお、モルヒネの量を徐々に増やしていった場合、それに反比例する形で、患者は意識のある時間が短くなっていきます。腹水が溜まる時期は、余命が1ヶ月を切った段階。意識を保つ時間とモルヒネの注入量とのバランスを、家族は考えていく必要があります。

胃がんステージ4(末期)の腹水に悩む患者に対して周囲ができること

家族が何をしようとも、ステージ4の胃がんを、ステージ3、ステージ2…、と遡らせることはできません。症状を改善させることができないからこそ、家族は「私たちは何もできない」と思い悩んでしまうこともあります。しかしながら、家族には家族にしかできない、患者に対する大切な仕事があります。

そばに居る

腹水が溜まるほどの末期にいたった患者は、その苦痛の中で、大きな孤独感を抱えている場合があります。 孤独感を少しでも和らげることができるのは、医師でも看護師でもなく、長年連れ添った家族です。家族がそばに居るだけで、患者はどれほど心強いでしょうか。何もできなくても構いません。ただベッドの横に居ることが、患者にとっての大きな支えとなります。

むくんだ手足をマッサージする

むくんだ手足を軽くマッサージするだけでも、痛みが和らぐという患者が多くいます。 ベッドの横で何もすることがない時には、むくんだ手足を、やさしくマッサージしてあげてください。

友人・知人に会いに来てもらう

腹水が溜まってきたとしても、一般には息を引き取るまでに1ヶ月程度は残されています。モルヒネ注入のタイミングを考慮しつつ、患者が意識のある時に、古い友人や知人に会いにきてもらうようお願いしてみてください。懐かしい友人がお見舞いに来て、昔話に盛り上がっている時、患者は痛みを忘れることもあります。

参考

あわせて読みたい

当サイトのご利用にあたって

当サイト(胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト)は、私たち「胃がんとくらしを考える会」が運営する、胃がんに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

胃がんとくらしを考える会
知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.