胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法 » ステージ1A期

ステージ1A期

胃がんの初期にあたる「ステージ1A」や、各ステージ(進行状況)の分類について、まとめて確認していきましょう。

胃がんの初期(ステージ1A)について

胃がんのステージは大きく1~4に分類されますが、中でもさらに初期状態の胃がんは「ステージ1A」と呼ばれます。ステージ1Aの胃がんでは、がんは胃の粘膜層か粘膜下層にとどまっている状態です。

胃がんのステージは何を基準に定義されている?

胃がんのステージ(進行状況)は、基本的に胃壁に発生した「がん」が、どの程度の深さにまで達しているかという「浸潤」の程度(深達度)によって判断されます。また、リンパ節へ「転移」しているがんの程度(数)も、胃がんのステージを判断するポイントです。

胃がんの浸潤

胃の内壁の表面にある「粘膜」に発生した胃がんは、そこから徐々に“胃壁の内側”へと浸潤していきます。胃壁の構造(層)は以下の5層です。

胃がんのリンパ節への転移

遠隔組織でなく、リンパ節へ転移しているがんの数によっても、胃がんのステージは分けられます。

胃がんのステージ分類の基準

ステージ1

胃がんのステージ1は、初期(ステージ1A)と、そこから少しだけがんが進行したステージ1Bに分けられます。

ステージ1A(胃がん初期、早期がん)

胃がんが粘膜、もしくは粘膜下層までにとどまっている状態です。さらに、リンパ節への転移も認められません。

ステージ1B

ステージ2

胃がんのステージ2は、その状態によってステージ2Aとステージ2Bに分けられます。

ステージ2A

ステージ2B

ステージ3

胃がんのステージは、その状態によってさらに「A~C」の3段階に分類されます。

ステージ3A

ステージ3B

ステージ3C

ステージ4

肺や肝臓など離れた臓器や離れたリンパ節にまで、がんが転移している場合、原則的にステージ4と分類されます。

胃がんの初期(ステージ1A)の自覚症状と原因

胃がん初期の自覚症状

基本的に、胃がんは自覚症状が出にくいタイプのがんとされていますが、特に初期状態では自覚症状もほとんどないことが一般的です。
尚、一般的に言われる「胃がんの症状」としては、以下のようなものが挙げられます。ただし、胃がんに特有の症状とは限らないので、これらの症状が出たからといって不安になりすぎてもいけません。

胃がんの原因

胃がんの発生原因としては、いくつかのリスク要因が挙げられています。

生活習慣

塩分過多の食生活、野菜・果物の摂取不足、喫煙といった生活習慣は、胃がんのリスクを上昇させる要因とされています。また、一部の胃がん(胃の上部)については、過度な飲酒もリスク要因の1つです。

ヘリコバクターピロリ菌感染

胃の中に「ヘリコバクターピロリ菌」が存在していると、胃がんのリスクを上昇させると考えられています。また、ヘリコバクターピロリ菌の除菌が、胃がんの予防になるかどうかという研究も進められています。
ただし、ヘリコバクターピロリ菌に感染しているからといって、全員が胃がんを発症するとは限らないので、気にしすぎることは禁物です。

胃がんステージ1Aの生存率・再発リスク

生存率

全国がん(成人病)センター協議会の公表データに基づく、胃がん(ステージ1)の5年生存率は「97.3%」です。(※1
そもそも、ステージ1Aで早期発見された初期胃がんは、すぐに処置をすれば基本的に完治が可能とされているので、生存率が高いこともうなずけます。

また、がんの治療技術は日々進化しており、一般的には各機関からデータが公表された時点よりも、実際の生存率が向上している可能性はあります。

再発リスク

適切に治療を施された初期胃がんについては、再発のリスクもかなり少ないと考えられており、だからこそ早期発見が重要です。

初期の胃がんに適した手術・治療法

内視鏡治療

ステージ1Aの胃がんは、基本的に内視鏡を用いた治療(がんの切除)が基本です。内視鏡手術では胃を失わずにすみ、QOL(生活の質)も保ちやすくなります。

ただし、胃がんの状態や条件によっては、内視鏡下で外科手術が行われることもあるので、担当医とよく相談することが大切です。
内視鏡治療には、主に「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」と「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」があり、がん患者の状態によって使い分けられています。(※2,※3

内視鏡治療の詳細はこちら

胃がん初期の転移・再発予防

がん検診

初期の胃がんは、自覚症状がほとんどありません。その為、胃潰瘍などの治療の際に偶然発見されることもありますが、可能であれば積極的ながん検診によって定期的に胃の状態を確認しておくことが重要です。

生活習慣

食生活や喫煙頻度といった生活習慣を改善することは、胃がんの予防を考える上で欠かせません。ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいる野菜・果物・海藻を日常の食事に取り入れていきましょう。
また、ストレスのない生活は胃の状態を健全に保つだけでなく、免疫力を高めて、がんのリスクを下げるとも言われているので、毎日を楽しく過ごせるような工夫も大切です。

米ぬか多糖体

免疫力アップの成分として、「米ぬか多糖体」という、お米のぬかから抽出された物質が世界中の研究機関から注目を集めており、各国の医療機関で臨床研究が続けられています。

免疫力・QOL向上に
注目の成分米ぬか多糖体の詳細はこちら

参考文献

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.