胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【管理栄養士監修】胃がん手術後の食事・レシピ » レンジでお手軽♪カニカマ玉

レンジでお手軽♪カニカマ玉

レンジでお手軽♪カニカマ玉

消化が良く、良質なたんぱく源である卵・練り製品のカニカマを使った、ごはんに合う一品です。

カニは消化に時間がかかるため、カニカマで代用していますが、退院3ヶ月後からはカニを使ってもOK。
とろみのついた甘酢ダレがしっとりと卵に絡んで食べやすい一品です。

調理時間 5分、エネルギー 129kcal

材料(1人分)

  • たまご 1個
  • A水 大さじ1
  • A塩 ひとつまみ
  • Aごま油 少々
  • カニカマ 2本
  • *甘酢ダレ
  • B酒 大さじ1
  • B酢 小さじ1
  • B醤油 小さじ1
  • B砂糖 小さじ1/2
  • Bおろし生姜 少々
  • B鶏ガラスープの素 ひとつまみ
  • B片栗粉 小さじ1/4

作り方

  • 手順1

    ① 耐熱容器にBを入れ片栗粉が溶けるまでよく混ぜる。ラップをせずに電子レンジ(600w)で30秒加熱し、取り出してよく混ぜる。

  • 手順2

    ② 耐熱容器に卵を溶き、A・さいたカニカマを入れよく混ぜ、ふんわりとラップをかける。

  • 手順3

    ③ 電子レンジ(600w)で40秒加熱し、取り出して一度かき混ぜる。再度ラップをして20秒加熱し、すぐに皿に盛り①のタレをかける。

ポイント

甘酢ダレは少し冷めるととろみが増してきますが、とろみが足りないと感じたら、様子を見ながら再度加熱して下さい。電子レンジの中で飛び散らない様、深めの容器で作るのがオススメです。

卵は加熱後ラップをしたままにしておくと、加熱が進みふんわりとした食感になりません。すぐに盛りつけない場合でも一度ラップをはずし、蒸気を逃して下さい。

わたしがレシピ監修しました!

管理栄養士GOHAN-MAYU

GOHAN-MAYU
管理栄養士

女子栄養大学卒業後、老人福祉施設での献立作成・調理業務、保健機能食品などの食品試験に関わる業務、飲食店での調理業務などを経て独立。「決して特別な日のごはんではなく、毎日食べたいココロもカラダもマンゾクするものを」をモットーに、素材の美味しさを生かした誰でも美味しく作れる料理を紹介し好評を得ている。現在は幅広く、料理教室、セミナー講演、出張料理などで活動中。
ブログURL:http://gohan-mayu.com/

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.