胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【症状別】体調がすぐれない場合の食事のとり方 » 化学療法・放射線治療による副作用がある場合

化学療法・放射線治療による副作用がある場合

胃がんの治療として化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を行うと、口内炎や吐き気など様々な副作用が引き起こされ、そのせいで食欲が減退したり、食事が困難になったりすることがあります。

しかし、そのような時、食べ方や調理の仕方を工夫することで、再び食事を摂ることが可能になる場合も少なくありません。

適切な食事や栄養補給によって、QOLを高めるだけでなく、胃がん治療を体の内側からサポートするためにも、副作用がある時の食事についてポイントを把握しておきましょう。

吐き気など胃がん治療の副作用に対する食事

抗がん剤や放射線を使って胃がん治療を行った際、引き起こされる副作用には幾つものパターンがあります。それは例えば口内炎や食道炎、吐き気や嘔吐感、味覚異常など、毎日の食事を続けていく上で妨げになる可能性が高いものです。

また、胃がん治療として胃の手術を行った場合、食べようという気力こそあるものの、一時的に“飲み込む力”が弱まってしまうこともあります(嚥下(えんげ)障害)。

それぞれの副作用に対して有効な工夫をしながら、日々の食事を前向きな気持ちで続けていくことが大切です。

口内炎・食道炎

抗がん剤や放射線による治療を受けている患者に多く見られる副作用が、口内炎や食道炎です。これは、口の中の粘膜(口腔内膜)では代謝が早く、抗がん剤の影響を受けやすいことや、胸部への放射線照射が原因であると言われています。

口内炎や食道炎が生じてしまうと、食べ物を口に入れる度に痛みを感じたり、飲み込むことが辛くなったりして、やがては食事そのものを敬遠してしまいがちになります。

口内炎や食道炎がある時は、傷付いた粘膜を刺激しないことと、食事としての満足感を維持すること、この2つのバランスを取ることがポイントです。

また、食事の回数が減って栄養が不足すると、さらに口内炎が出来やすくなるという悪循環にも陥るため、ビタミンB群などを多く含んだ野菜や果物をメニューに取り入れて、口内炎が生じにくい体内環境を作っていくことも肝要でしょう。その他、歯磨きやうがいによって口内を清潔に保ち、菌の繁殖を抑えることも、口内炎の予防に役立ちます。

尚、どうしても辛い時は食事の回数を減らすことも必要ですが、症状を和らげてくれる薬もあるので、まずは担当医へ相談してみましょう。症状の改善と共に食欲も戻ってくれるので、深く悩みすぎないことも大切です。

口内炎・食道炎がある時の食事のポイント

吐き気・嘔吐

吐き気や嘔吐感は、しばしば食べ物の味だけでなく匂いや見た目でも強くなってしまいます。そのため、食材や調味料を吟味して、盛りつけや量についても工夫することが望ましいでしょう。

また、温かい料理によって吐き気を催すこともあるので、なるべく冷たく食べやすいものを用意することが肝要です。ただし、吐き気や嘔吐の原因によっては、無理に食べない方が良いこともあるので、どうしても辛いと思った時は、水分補給だけをしっかりして、固形の食事はひとまず抜いてみることも必要です。

吐き気・嘔吐がある時の食事のポイント

味覚異常

抗がん剤治療をしていると味覚異常が生じることもあります。また、舌に炎症が出来ることで味を感じにくくなったり、亜鉛などのミネラル分が不足することで味覚が鈍くなったりしている可能性もあるでしょう。

基本的に味覚異常は一時的なもので、抗がん剤の使用が終われば元に戻りますが、その変化は人によって、またタイミングによって様々です。味覚異常が生じている時は匂いにも敏感になりがちなので、注意して下さい。

苦味が強くなる・金属味を感じる場合

甘みが強くなる・何でも甘く感じられる場合

味が感じられない場合

口の中の乾燥

化学療法や放射線療法を続けていると、口の中がひどく乾燥してしまうことがあります。

口内の乾燥は、不快感を増すだけでなく、味覚異常の原因にもなり得るので、食前にうがいをしたり、食事の最初は液体のものを口にしたりして、口内を潤しておくように心がけましょう。また、お酒を飲むと口の粘膜が乾いたように感じられることもあるので、アルコールを控えることも大切です。

口の中の乾燥に対する工夫

嚥下(えんげ)障害

胃がん治療として胃を摘出すると、手術による傷や、胃腸の肉体的な変化などの影響によって、食べ物を“飲み込む力”が弱くなってしまうことがあります。

このような症状がある場合、焦って食べ物を飲み込もうとしたり、飲み物で無理矢理に流し込んだりしようとすると、食べ物や飲み物が食道ではなく気道へ入ってしまう「誤嚥(ごえん)」の危険が高まります。

誤嚥をした場合、単にむせたり咳き込んだりするだけでなく、肺に食べ物や唾液が入り込めば肺炎(誤嚥性肺炎)が引き起こされることもあるので、注意しなければなりません。特に、誤嚥性肺炎においては肺炎の原因菌が体外でなく“体内”に存在するため、ワクチンなどの予防接種で備えることが難しく、警戒が必要です。その上、抗菌薬を投与して治癒したとしても、再び誤嚥による肺炎が起きた際は、原因菌が薬剤に対する耐性を獲得しているために抗菌薬の効果が薄く、治療が難しくなるという問題も生じます。

嚥下障害がある時の食事のポイント

参考サイト:国立がん研究センターがん情報サービス・調子が悪いときの食事

抗がん剤の副作用対策に期待できる成分とは

こうした抗がん剤の副作用に対して、いま期待されている成分が米ぬか多糖体です。

米ぬか多糖体には抗炎症作用なども期待できるため、米ぬか多糖体を摂取し、抗がん剤や放射線治療の副作用がやわらいだという報告もたくさんあります。

そのため、米ぬか多糖体によって、副作用を最小限に抑えることもできるのではないかと考えられています。

抗がん剤治療の副作用に期待
米ぬか多糖体の詳細はこちら

当サイトのご利用にあたって

当サイト(胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト)は、私たち「胃がんとくらしを考える会」が運営する、胃がんに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

胃がんとくらしを考える会
知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.