胃がんの治療の正しい知識 » 胃がんの手術後に心掛けておきたいこと » 胃がんにおける障害年金

胃がんにおける障害年金

すでに胃がんの治療を受けた方には釈迦に説法ですが、日本人の相当部分において、「がんの治療には保険が効かない」という思い込みがあります。「がんの治療費はこれだけ高額」というイメージを、民間保険会社の保険商品が暗に謳っているからです。

別のページで詳しく解説しますが、がんの治療には、原則として保険が効きます。よって患者の治療費負担額は、大幅に抑えられます。また、自己負担額に上限が設定される高額医療費という制度もあります。加えて、がんを患った方は障害年金を受給できる可能性があります。よって治療費や生活費の問題は、イメージするほど深刻なものではありません。

ただし、いかに治療費の自己負担額が保険等で抑えられるとは言え、治療が長引けば、累積治療費は高額になります。また、障害年金を受給するためには、各種の要件をクリアする必要があります。
以下、胃がんと障害年金の詳細についてまとめました。

障害年金とは

胃がんで受給できる可能性のある障害年金。まずは障害年金とは何なのか、を理解しておかなければなりません。
障害年金という言葉を聞いたことのある方は、「障害」という言葉を根拠に、概ね次のようなイメージを抱いているのではないでしょうか?

「ケガをして後遺症が残った人に支払われる年金」

このイメージは、間違ってはいないのですが、障害年金はケガだけに支払われる年金ではありません。病気も含め、そのカバー範囲は非常に広くなっています。
どのような病気・ケガが対象となっているかを知るよりも、どのような病気・ケガが「対象外」かについて知ったほうが、理解は早いでしょう。

障害年金の「対象外」となる病気・ケガ

ここに列挙されていない病気・ケガについては、すべて障害年金の対象となります。ご覧の通り、上記に「がん」の文字は見当たりません。よって、胃がんを始めとするすべての種類のがんは、障害年金の支給対象となります。また障害年金には、職業によって「障害基礎年金」「障害厚生年金」「障害共済年金」の3種類があることを理解しておく必要があります。

職業によって分けられる3種類の障害年金

病気やケガを患う前に、どのような職業に就き、どのような年金保険を支払っていたかによって、受給できる障害年金の種類が異なります。

会社員の場合

会社員で、なおかつ厚生年金保険料を支払っていた方は、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類の障害年金を受給することができます。

公務員・私立学校教員の場合(平成27年9月まで)

公務員や私立学校教員で、かつ共済年金保険料を支払っていた方は、「障害基礎年金」と「障害共済年金」の2種類の障害年金を受給することができます。

ただし平成27年10月より、共済年金は厚生年金に統合されたため、以後は「障害共済年金」に変わって「障害厚生年金」が支払われることになりました。

自営業者や短時間労働者の場合

自営業者、または短時間労働者(厚生年金に加入できない勤労時間の方)で、かつ国民年金保険料を支払っていた方は、「障害基礎年金」の1種類の障害年金を受給することができます。

以上が障害年金の概略です。胃がん等を患った場合、これらの障害年金を受給できる可能性があることを理解しておいてください。

障害年金の受給要件

障害年金は、年金保険料を原資として支給される仕組みとなっています。よって、年金保険料を納めていない方は、障害年金を受給することができません。また、年金保険料を納めている方であっても、以下の条件をクリアしていなければ障害年金の受給資格がありません。

会社員や公務員等の場合、年金保険料は給与から天引きされています。よって保険料の払い漏れはないでしょう。

一方で自営業者や短時間労働者の場合は、自分の意志で年金保険料を払わなければなりません。過去には保険料を払っていない月もあった、という方も少なくないはずです。老後の年金受給のためだけではなく、万が一の時の障害年金の受給にも備え、国民健康保険料は漏れなく支払うようにしましょう。支払う余裕がない場合には、国民健康保険料の「免除申請」をしてください。免除許可が下りた期間については、未納期間に含まれません。

がんにおける障害年金の認定基準

がんを患うと、局所的な障害や全身的な衰弱など、様々な障害が発症する可能性があります。この障害・衰弱の程度に応じ、障害年金制度における「障害認定」が行なわれます。

各障害等級における障害の状態

障害年金制度では、障害の程度を1級から3級の3等級に分けます。それぞれの障害の状態を簡単に確認しましょう。

一般状態の区分

上記の3等級とは別に、障害の程度をより具体的に示した5つの「一般状態区分」があります。

障害等級の認定

上記の「一般状態区分」に照らし、3等級のいずれに該当するかを判断します。

なお、障害年金は、何らかの障害が生じた場合において年金が支給される制度なので、たとえがんを患っていたとしても、「ア」のように障害が生じていない場合には、等級が認定されません。

医師の診断書が等級を左右する鍵

がんの症状のレベルは、実に様々です。進行したがんであっても無症状の場合があれば、逆に初期段階のがんであっても症状が生じている場合もあります。見た目には症状のレベルの判断が分かりにくい以上、等級認定の際には医師の診断書が極めて重要な書類となります。

よって、障害年金の認定を申請する際には、医師にその旨を伝え、診断書を詳細に作成してもらう必要があるでしょう。医師に診断書の作成を依頼する際には、障害や衰弱の状態を、具体的に記載してもらうよう伝えてください。

がんの治療が長引くと累積治療費は高額になる

がんの治療には、原則として保険が効くこと、高額医療費の制度を利用できること、そして、障害年金を受給できる可能性があることを冒頭で説明しました。加えて、民間の医療保険等にも加入していれば、預貯金とあわせて治療費も生活費も賄える、と思った方もいるかも知れません。

確かに、これらで治療中の当面の治療費や生活費を賄うことは可能かも知れません。しかしながら、治療が長期に及んだ場合は、その限りではありません。

がんの治療においては、保険が効く上に高額医療費の制度があるため、治療費がいくらであれ、月の自己負担額は約9万円が上限となっています。胃がんの手術代の平均額は約100万円ですが、自己負担額は約9万円で済むことになります。

しかし、がんの治療は手術だけで終わるものではありません。再発を予防するために、一般には、手術後も化学療法などを続けることになります。また、手術以外の方法で治療を受ける方についても、治療によってすぐにがん細胞が死滅するとは限りません。

もちろん、手術や他の治療法によって、すぐにがん細胞が消滅したのであれば、治療費の自己負担額は少なくて済むことでしょう。しかしながら、症状がなかなか改善しない場合や、逆に症状が悪化した場合などは、治療が長期に及ぶ可能性があります。治療が長期に及んだ場合、ともすると、高額医療費の上限である約9万円を払い続けなければならないかも知れません。

がん治療に保険が効いたとしても、また障害年金を受給できたとしても、治療が長引いた場合には自己負担の総額が大きくなることも理解しておきましょう。

胃がんによる障害年金の受給例

胃がんを発症して障害年金の受給に至ったケースについて、以下、具体例を見てみましょう。障害・衰弱の程度に対し、年間で支給される年金額をイメージしてみてください。

年額120万円

患者は40代女性。がんを発症し、進行が早く胃の大部分を手術で摘出しました。胃の摘出に伴い、人工肛門を設置。また、がんの転移も見られたことから、肺の一部も摘出しました。

症状のレベルは、自力では日常生活が困難な状態。障害基礎年金2級と認定され、年額120万円の障害年金の受給が決定しました。

年額100万円

患者は30代女性。食欲不振や吐き気などを自覚することはあったものの、仕事のストレスだろうと考え、病院での検査をせずに放置。しかしながら、日に日に状態は悪化し、ある日、吐血しました。大病院で検査を受けたところ、末期の胃がんであることが判明。以後、自力で身の周りのことができない状態まで症状が悪化しました。

症状のレベルは、自力では日常生活が困難な状態。現在は入院中で、終日、ほぼ寝たきりとなっています。障害基礎年金1級と認定され、年額で100万円の障害年金の受給が決定しました。

年額100万円

患者は30代の専業主婦。7年前に腹痛を覚え、しばらく様子を見ていたものの、空腹時になると激しい胃痛に襲われたためクリニックを受診。精密検査の結果、胃がんであることが判明しました。胃と卵巣を全摘出し、かつ人工肛門を設置しました。現在はステージ4。抗がん剤を服用しながら、自宅で療養生活を送っています。

症状のレベルは、自力での日常生活が大幅に制限されている状態。障害年金2級と認定され、年額100万円の障害年金の受給が決定しました。

年額120万円

患者は50代男性。食欲不振や胃もたれなどを自覚していたものの、仕事のストレスが原因であろうと放置。次第に胃痛や吐き気などの症状が現れ、かつ快方に向かう気配が感じられなかったため、近所の個人クリニックを受診。胃炎と診断されました。

その後も定期的に同じクリニックに通院していたものの、50歳になり吐血・貧血・嚥下困難などの症状が現れ、大病院で精密検査。結果、末期の胃がんと診断されました。

大病院を受診した時の状態のレベルは、家族の支援なくして自分の身の周りのことができない状態。5年さかのぼって障害年金1級と認定され、年額で120万円の障害年金の受給が決定しました。

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.