胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【管理栄養士監修】胃がん手術後の食事・レシピ » 鱈のクリーミーマッシュポテトサンド

鱈のクリーミーマッシュポテトサンド

鱈のクリーミーマッシュポテトサンド

高タンパクで消化の良い鱈のうま味を閉じ込めたマッシュポテトをやわらかいパンに挟みます。

マッシュポテトはしっとりとやわらかめに仕上げることで、パサつきがちなパンも食べやすくなります。残ったマッシュポテトはチーズをのせて焼いたり、やわらかく茹でたブロッコリーと和えたりアレンジしやすい一品です。

調理時間 20分、エネルギー 156kcal

材料(1人分)

  • サンドイッチ用食パン 2枚
  • 鱈のクリーミーマッシュポテト(作りやすい分量)
  • じゃがいも 中1個(約150g)
  • A牛乳 100cc
  • Aローリエ 1枚
  • A甘塩鱈 1切
  • Aおろしニンニク 少々
  • 塩こしょう
  • 粉チーズ 小さじ1

作り方

  • 手順1

    ① 小鍋にAを入れて火にかけ、ふつふつと沸く火加減で5分ほど煮て鱈に火を通す。ローリエ、鱈の皮、小骨があれば取り除き身をほぐす。

  • 手順2

    ②じゃがいもはふんわりラップで包み、電子レンジ(600w)で4分程やわらかくなるまで加熱する。温かいうちに皮をむき、①に入れてじゃがいもを潰しながらよく混ぜる。

  • 手順3

    ③中火にかけて、ヘラで混ぜながら好みのかたさになるまで煮詰める。粉チーズを入れて混ぜ、塩・こしょうで味を整える。

  • ④ サンドイッチ用食パンに③の1/3量を挟み、食べやすい大きさに切る。

ポイント

鱈は塩味のする切り身を使っていますが、生鱈を使う場合は加熱する前に塩を少々ふっておきます。じゃがいもは十分加熱されていると潰しやすく、皮もむきやすくなります。

じゃがいもの大きさにより加熱時間は前後しますので、様子を見ながら電子レンジにかけて下さい。

わたしがレシピ監修しました!

管理栄養士GOHAN-MAYU

GOHAN-MAYU
管理栄養士

女子栄養大学卒業後、老人福祉施設での献立作成・調理業務、保健機能食品などの食品試験に関わる業務、飲食店での調理業務などを経て独立。「決して特別な日のごはんではなく、毎日食べたいココロもカラダもマンゾクするものを」をモットーに、素材の美味しさを生かした誰でも美味しく作れる料理を紹介し好評を得ている。現在は幅広く、料理教室、セミナー講演、出張料理などで活動中。
ブログURL:http://gohan-mayu.com/

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.