胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【症状別】体調がすぐれない場合の食事のとり方

【症状別】体調がすぐれない場合の食事の摂り方

手術、抗がん剤、放射線。いずれの治療の後にも、食欲が減退する場合があります。症状別に、食事のポイントについてまとめています。

症状別・胃がん治療後の食事のポイント

手術で胃を切除または全摘したり、副作用のある抗がん剤や放射線を使ったり、胃がんの治療は、身体に大きな負担がかかります。

そのため、食欲が減退してしまうことも少なくありません。

体調がすぐれずに食欲が減退してしまうときの食事の方法について、症状別に紹介しています。

胃がん治療後、食欲減退に悩んでいる方はぜひご覧ください。

体重減少が気になる場合

胃がん治療後は、手術によって胃を切除したり全摘したりすることから、食事の量が減ったり、抗がん剤の副作用などで食欲が減退し、体重が減少したという人もたくさんいます。

治療後の体力を戻すため、免疫力を高めて感染などを防ぐためにも、食事をしっかり摂ることは大切ですが、無理に食べようとするとそれがストレスにつながることも。

体重減少も気になるとは思いますが、まずは、身体の調子に合わせて、食べられるものから食べる、少量でもエネルギーの高いものを食べることからはじめてみましょう。

化学療法・放射線治療による副作用がある場合

抗がん剤治療や放射線治療には、副作用がついて回ります。それらの副作用である、口内炎・食道炎、吐き気・嘔吐、味覚異常があるときには、食欲がわかないかもしれません。

口内炎や食道炎は、副作用のピークを過ぎれば食べられるようになります。

吐き気や嘔吐があるときには、においや見た目を意識して、温かい料理は控えるようにしましょう。

吐き気が強いときには無理に食べようとしなくても大丈夫。水分補給だけは欠かさないようにしてください。

抗がん剤や放射線の影響で、味覚や嗅覚が変化することもあります。そのようなときにはにおいの強い食材は避け、塩分や糖分を控えめにするといいでしょう。

下痢・便秘があるとき

手術の影響や、抗がん剤・放射線の副作用として、下痢や便秘があらわれることがあります。

下痢が起こる原因と下痢のときにおすすめ&避けたほうが良い食品、便秘が起こる原因、便秘のときにおすすめの食品などをまとめています。

胃腸は、精神的なものに影響されやすいので、下痢や便秘を起こしやすくなるといわれています。

参照元サイト:国立がん研究センター がん情報サービス:手術後の食事(胃、大腸)

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは