胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法 » 胃がん末期におけるしゃっくりの原因と治療法

胃がん末期におけるしゃっくりの原因と治療法

末期の胃がん患者では、一般的に想像されるような痛みや、出血などの他にも、様々な身体的症状が現れるようになり、しゃっくりもまたその一例として知られています。

しゃっくりは健康な人でも日常的に起こり得る症状で、すぐさまそれが命に関わるようなことはありません。しかし、健常者のしゃっくりは通常、数分から長くても数時間で症状が治まる一過性のものですが、末期の胃がん患者では場合によって48時間以上もしゃっくりが持続してしまうこともあり、長く続くしゃっくりは患者に睡眠障害やうつ状態といった深刻な症状を引き起こす、非常に厄介なものといえるでしょう。

末期の胃がんとしゃっくりの関係性

そもそもしゃっくりとは?

しゃっくりは、横隔膜や腹部周辺にある筋肉など、呼吸に関する筋肉である「呼吸筋」が痙攣し、空気が勝手に気管へ吸い込まれ、閉鎖した声帯が震えることで「ひっく」というような音が漏れてしまう現象です。

健康状態や病歴などに関わらず、誰でもある日突然に起こり得るもので、通常は短時間で解消されます。

また、医学的には「吃逆(きつぎゃく)」と呼ばれ、横隔膜を司る神経(横隔神経)や迷走神経、呼吸中枢に関わる神経が、何らかの刺激を受けることで引き起こされるとされています。

しゃっくりの種類と原因

しゃっくりは、持続時間によって3種類に分けられることが特徴です。

良性しゃっくり

48時間以内に、自然に解消されるしゃっくりです。基本的に、健常者のしゃっくりはこれに当たることが多いでしょう。

普段の食事や、アルコールや炭酸飲料など刺激のある飲み物、喫煙、急なストレスや興奮、その他にも冷たいシャワーや内視鏡検査など、日常生活の中の様々なことに起因して起こることがあります。

持続性しゃっくり・難治性しゃっくり

48時間から1ヶ月以内の間、継続するしゃっくりは持続性しゃっくりとして分類されます。そして、持続性しゃっくりよりもさらに長期間続くものが難治性しゃっくりです。

止めようとしても止まってくれないしゃっくりは、精神的なストレスになるだけでなく、睡眠障害や食欲不振、うつ病など数多くの問題につながる可能性もあり、本人にとっては非常に大きな悩みになります。

持続性・難治性しゃっくりでは、ストレスや興奮だけでなく、胃がんや胃食道逆流症(GRED)といった食道に関わる疾患や、中枢神経・末梢神経に関わる疾患、薬剤による副作用など、多くの原因が考えられます。

末期の胃がん患者でしゃっくりが起こる理由

まず、胃がん患者における、しゃっくりの大きな原因の1つが「胃の膨満」です。胃の膨満によって迷走神経が刺激されることで、しゃっくりが引き起こされてしまいます。

また、腫瘍によって横隔神経が刺激されることも、胃がん患者のしゃっくりの原因として多いものの1つです。

しゃっくりの治療法

薬に頼らない治療法

しゃっくりには民間療法から医療の場で行われている方法など、薬物に頼らないしゃっくり治療とされるものがあります。

例えば、大声で驚かすという方法だけでなく、スプーンで1~数杯分の粉砂糖を飲み込んだり、コップの飲み口の反対側から冷水を飲んだりするのも一例です。ちなみに、「飲み口の反対側」とは、自然な状態でコップを掴んだ時に、親指側でなく人差し指側に当たる部分を指します。つまり、コップを掴んだ手や、首をひねって、冷たい水を飲むということです。

綿棒で口の中や口蓋垂(のどちんこ)、鼻の中を刺激してしゃっくりを止めるというのも1つの方法です。また、耳の奥に綿棒や指を入れて、その部分(外耳道)を刺激することで、興奮している迷走神経を改めて刺激してしゃっくりを止めるという方法もあります。

この他にも、紙袋を口に当てた状態で数分~5分間程度、呼吸をするという方法もあります。ただし、この際にビニール袋を使用すると、鼻の穴や口にくっついて窒息してしまう恐れがあるので、使用してはいけません。

尚、これらの方法でも症状改善が認められない場合、薬に頼らない治療法としては、神経ブロックや、横隔神経の切断法といったものがあります。

薬による治療法

しゃっくり治療に使われる薬は多数ありますが、医学的にシステムが解明されていないものも多く、健康保険の適用外であることも少なくありません。

しゃっくりの原因によっても使われる薬も変わる為、まずは医師の診察を受けることが必要です。

参考文献

あわせて読みたい

当サイトのご利用にあたって

当サイト(胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト)は、私たち「胃がんとくらしを考える会」が運営する、胃がんに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

胃がんとくらしを考える会
知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.