胃がんの治療の正しい知識 » 胃がんの手術後に心掛けておきたいこと » 体調管理の方法

体調管理の方法

胃がんの術後の体調管理の重要性についてまとめています。

胃がん術後の体調管理のポイント

胃がんの手術後、合併症を起こさないためには体調管理が重要です。適切な体調管理をして、順調な回復を目指しましょう。

胃がんの術後にとくに重要なのが、傷跡、呼吸、痰への対策です。

傷跡

胃がんの術後は、開腹手術をした後の傷跡が痛む場合があります。お腹に力が入りにくくなったりもします。

この症状は、時間が経過すれば、少しずつ治まってきますし、オピオイド鎮痛薬など、いわゆる医療用麻薬を使って、痛みを最小限に抑えることも可能なので、痛みが辛いときには我慢せず、主治医に相談するようにしましよう。

呼吸

術後は、呼吸がしづらくなることがあります。呼吸がしづらくなると、痰も出にくくなります。

自分で痰を出せない場合、気管支鏡で痰を吸い出してもらうこともあり、呼吸をしっかりして、痰を出すことは、術後の体調管理において大切なことです。

術後は、呼吸の仕方や痰の出し方の練習をしてくれることが多いようです。

術後、麻酔の影響で痰が出やすくなります。とくに、喫煙している人は、軽い軌道の炎症をたえず起こしているため、痰が出やすい傾向にあります。

健康な体の場合、痰を飲み込んでも胃で消化されるのですが、胃がんの術後の場合は注意が必要です。

喫煙している人は禁煙し、痰の量を抑えるようにしましょう。早めに禁煙すれば、その分、術後の痰の量も少なくなると言われています。

注意したいその他の合併症

胃がんの手術後には、縫合不全膵液ろうなども起こる場合があります。

縫合不全は、消化管をつないだ部分の血行障害などで生じるものです。糖尿病や栄養不足の場合に起こりやすいと言われています。

縫合不全を起こした場合は、点滴で栄養を補いながら膿を排出していきます。まれに、再手術が必要な場合もあります。

膵液が漏れ出す膵液ろうは、腹膜を冒すと腹膜炎の原因になることがあります。

縫合不全も膵液ろうも、腹部に膿がたまる腹腔内膿瘍を起こすケースが多いので、感染を抑える処置が行われます。

そのほか、痰が器官に入り込んで肺炎を起こしたり、術後、長時間、身体を動かさないことでエコノミークラス症候群(肺塞栓症)などを引き起こす場合があるので、術後の経過を注意深く観察することが大切です。

参照元:片井均、島田安博(2011)『国立がん研究センターのがんの本 胃がん』小学館クリエイティブ.

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.