胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんは、その進行度によってステージ1~4に分類されます。それぞれのステージの状態について解説しています。

胃がんのステージと症状

胃がんの初期症状

胃がんの初期症状の大半は「無症状」と言われていますが、厳密に見てみれば、何らかの軽微な症状が継続的に生じていることがあります。たとえ気にならない程度の症状であったとしても、心当たりのない症状が継続的に続いた場合は、初期胃がんであることを疑い、躊躇なく医療機関を受診するようにしてください。

ステージ1A期

まったくの初期段階である胃がんのステージ1A期。自覚症状もほとんどないので、胃がんを発症していることに気づきにくく、多くはがん検診で発見されます。ステージ1A期ではリンパ節への転移はなく、がんが2cm以内なら内視鏡治療が、2cm以上なら腹腔鏡手術が行われることが多いです。

ステージ1B期

ステージ1A期よりも進行した状態ですが、自覚症状はほとんどありません。胃がんを取り除くための定型手術は、腹腔鏡手術の場合が多いのですが、がんの深さによっては開腹手術になります。

ステージ2期

ステージ2は、リンパ節への転移が見られ、深い部分まで浸潤しているか、リンパ節への転移はないものの、胃の表面まで浸潤している状態です。この段階になると胃の痛みや腰痛、体重減少などの自覚症状があらわれる人も多いようです。開腹して定型手術を行うのが一般的です。術後に抗がん剤が用いられることもあります。

ステージ3A期

ステージ3は、A、B、C期に分かれます。ステージ3になると、食べ物がのどに詰まったり、お腹が張ったり、お腹にしこりができたり、体重が減少したりというような自覚症状があらわれてきます。手術は開腹手術が行われ、がん細胞のある胃だけでなく、リンパ節や周辺の臓器も切除する拡大手術が行われることも多いです。

ステージ3B・3C期

ステージ3A同様の自覚症状が感じられることが多く、そのまま放置しておくと、腹水や胸水がたまって、持続的な痛みを感じるようになってきます。手術では胃の2/3以上の切除または全摘出、胃付近のリンパ節の切除など、拡大手術が行われ、術後は化学療法が行われることもあります。

ステージ4期

肝臓や肺、腹膜などに遠隔転移している状態が、ステージ4です。腹部のしこりが大きくなり、食欲不振や体重減少、貧血、腹水・胸水による痛みもあります。手術ですべてのがんを切除するのは難しく、抗がん剤治療や痛みを取るための他所手術が中心となります。

ステージ4期の腹水について

腹水とは、内臓の表面を囲む腹膜と内臓との間に、水が溜まってしまう症状のこと。腹水が多くなると内臓を圧迫して痛みが生じるなど、様々な症状を自覚します。末期の胃がんにおいても腹水はよく見られる症状ですが、これを完治させる方法は確立されていません。一般的には、利尿剤により腹水を減らす方法や、鎮痛剤により腹水に伴う痛みを軽減させる方法が採られています。家族がそばにいるだけでも、腹水に耐える患者にとっては心強い支えとなります。

ステージ4の胃がんにおいて手術できないケース

胃がんがステージ4まで進行した場合、例外を除いて、手術が選択されることはありません。厳密に言えば、手術によって根治を目指す治療は見送られる、ということです。その理由は、手術をすることによる弊害のほうが大きいから。ステージ4において手術ができない患者においては、化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療、緩和手術、対症療法(痛み止め)などが採られます。昨今では、これら標準治療と併せて免疫療法や代替医療を選ぶ患者も増えています。

ステージ4における吐血の特徴・対処法

末期胃がん患者の中には、症状の一つとして吐血する人もいます。吐血とは、文字通り、血を吐く症状のこと。胃がんの影響で生じた炎症部分から出血するなどの理由で、吐血が生じます。同じ理由で血液が便から排出された場合、これを下血と言います。胃がん患者が吐く血は、真っ赤な鮮血ではなく、コーヒー色をした黒い血液。血液が酸化するため、黒く変色します。吐血に伴った吐瀉物を気道に詰まらせないよう、家族はしっかりと見守りましょう。

ステージ4の胃がんの痛みに対する対処法

程度には個人差があるものの、一般に胃がんは痛みを伴う病気。ただし現代医学では、胃がんの痛みを容易にコントロールすることができるようになりました。末期に激痛を伴って死を迎える、というイメージは、一昔前のものです。胃がんの痛みを上手にコントロールするには、鎮痛剤を扱う医師に対して、痛みの特徴を正確に伝えることが重要。患者からの正しい情報に基づいて適切な鎮痛処置を施せば、激痛の中で死を迎える末路はありません。

胃がんの末期における嘔吐への対処法

がんの治療を受けている人の多くに、嘔気や嘔吐の症状が見られます。その原因にはいくつかの種類がありますが、筆頭に挙げられるのが抗がん剤の副作用によるもの。加えて、放射線治療の副作用で嘔吐を生じる例もあります。末期がんの患者の場合、状態によってはベッドに寝た切りになっている可能性があります。仰向けで嘔吐すると吐瀉物が気道に詰まって窒息する恐れがあるので、嘔気を催した患者を横向きにするなど、家族は迅速な対応をするようにしましょう。

胃がんの末期におけるむくみ(リンパ浮腫)の原因・治療法

胃がんの末期を含め、各種のがんの治療中の患者に、むくみ(リンパ浮腫)が見られることがあります。主な原因は、手術によるリンパ節の切除。また、リンパ節を切除していない患者においても、がんがリンパ節に転移した場合や末期がんの症状の一つとして、むくみが見られることがあります。末期胃がんで生じたむくみに対しては、むくみ自体を取る治療よりも、がん自体の治療や、むくみによる痛みの緩和を目指した治療が中心に検討されます。

胃がんの末期

末期になると激しい痛みがある、腹水がたまる、排尿障害がおこるなど様々な症状がみられます。末期胃がんの症状や治療について紹介しています。

胃がんのステージ別における予後

胃がんは、発症時のステージが低ければ低いほど、予後は良好となります。ステージⅠであれば、概ね90%の患者において健康な体を取り戻しています。発症時のステージのみならず、発症年齢の違いや、手術によって摘出した胃の範囲についても、予後に影響を与えかねない要因。予後の状態については、ステージだけではなくて様々な側面から考えるようにしましょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト)は、私たち「胃がんとくらしを考える会」が運営する、胃がんに関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

胃がんとくらしを考える会
知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.