胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんは、その進行度によってステージ1~4に分類されます。それぞれのステージの状態について解説しています。

胃がんのステージと症状

ステージ1A期

まったくの初期段階である胃がんのステージ1A期。自覚症状もほとんどないので、胃がんを発症していることに気づきにくく、多くはがん検診で発見されます。ステージ1A期ではリンパ節への転移はなく、がんが2cm以内なら内視鏡治療が、2cm以上なら腹腔鏡手術が行われることが多いです。

ステージ1B期

ステージ1A期よりも進行した状態ですが、自覚症状はほとんどありません。胃がんを取り除くための定型手術は、腹腔鏡手術の場合が多いのですが、がんの深さによっては開腹手術になります。

ステージ2期

ステージ2は、リンパ節への転移が見られ、深い部分まで浸潤しているか、リンパ節への転移はないものの、胃の表面まで浸潤している状態です。この段階になると胃の痛みや腰痛、体重減少などの自覚症状があらわれる人も多いようです。開腹して定型手術を行うのが一般的です。術後に抗がん剤が用いられることもあります。

ステージ3A期

ステージ3は、A、B、C期に分かれます。ステージ3になると、食べ物がのどに詰まったり、お腹が張ったり、お腹にしこりができたり、体重が減少したりというような自覚症状があらわれてきます。手術は開腹手術が行われ、がん細胞のある胃だけでなく、リンパ節や周辺の臓器も切除する拡大手術が行われることも多いです。

ステージ3B・3C期

ステージ3A同様の自覚症状が感じられることが多く、そのまま放置しておくと、腹水や胸水がたまって、持続的な痛みを感じるようになってきます。手術では胃の2/3以上の切除または全摘出、胃付近のリンパ節の切除など、拡大手術が行われ、術後は化学療法が行われることもあります。

ステージ4期

肝臓や肺、腹膜などに遠隔転移している状態が、ステージ4です。腹部のしこりが大きくなり、食欲不振や体重減少、貧血、腹水・胸水による痛みもあります。手術ですべてのがんを切除するのは難しく、抗がん剤治療や痛みを取るための他所手術が中心となります。

胃がんの末期

末期になると激しい痛みがある、腹水がたまる、排尿障害がおこるなど様々な症状がみられます。末期胃がんの症状や治療について紹介しています。

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.