胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法 » ステージ1B期

ステージ1B期

胃がんのステージ1B期はどのような状態か。自覚症状や治療法、5年生存率について紹介します。

胃がんステージ1B期の定義

胃がんのステージ1B期は、ステージ1A期よりもがんが広範囲に及んでいる状態です。

胃がんステージ1B期の自覚症状

1Bは、1Aと同じく、自覚症状はほとんどないと言われています。それでも、変にゲップが出たり、食欲がなかったり、嘔吐などの症状が現れる場合もあります。

ステージ1B期では腹腔鏡手術も

胃がんのステージ1B期では、胃がんを取り除くための定型手術が行われます。その際、できるだけ患者の身体に負担をかけないよう、腹腔鏡手術が採られることが多いのですが、がんの深さによっては、開腹手術となる場合もあります。

腹腔鏡手術の場合、お腹に0.5~1cmの穴を4~5カ所に開けて、その穴から腹腔鏡というカメラや超音波メス、鉗子などの器具を入れて手術を行います。

腹腔鏡手術であっても、開腹手術であっても、切除範囲は変わりません。

腹腔鏡手術は、傷が小さくすみ、術後の痛みや他の臓器への影響も少ないことから、術後の消化管の回復が早いといわれています。

がんが小さく、リンパ節への転移が認められない場合には、縮小手術が行われる場合もあります。定型手術よりもさらに、身体への負担が軽減され、QOLも上がります。

ステージ1B期の再発の可能性

このステージでの胃がんの再発は、切除できれば可能性は低いと言われています。再発の場合、5年以内に確認されることが多いため、それを過ぎても再発がなければ、ほぼ完治と考えられます。

ステージ1A期と同じく、早期に発見できれば生存率は高くなり、再発の可能性も低くなります。日頃から食生活などに気を配り、再発を防ぐためにも、免疫力をアップさせることが大切です。

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.