胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【管理栄養士監修】胃がん手術後の食事・レシピ » 鶏ごま豆乳うどん

鶏ごま豆乳うどん

鶏ごま豆乳うどん

エネルギー源となる炭水化物は消化の良いものを選んで欠かさず食べましょう。

うどんはやわらかく茹で、良く噛んで。肉類の中でも消化吸収が良い鶏ささみはしっとりと茹で、細かくさく事で食べやすくなります。旨味の出た茹で汁は捨てずにそのままスープに仕立てます。

調理時間 20分、エネルギー 374kcal

材料(1人分)

  • やわらかく茹でたうどん 1玉
  • 鶏ささみ 1本
  • 玉ねぎ 1/4個(約50g)
  • 水 1カップ
  • A皮なしすりごま 大さじ1/2
  • A味噌 大さじ1/2
  • A醤油 大さじ1/2
  • 豆乳50cc

作り方

  • 手順1

    ① 鶏ささみに塩・酒を少々(分量外)ふって、5分ほど置く。玉ねぎは薄切りにする。

  • ② 小鍋に水・①を入れ中火にかけ、沸騰したらアクを取る。弱火に落とし3分煮て鶏ささみを取り出す。

  • 手順3

    ③鶏ささみは筋を取りながら細かくさく。

  • 手順4

    ④②に豆乳・Aを入れスープを作る。器にやわらかく茹でたうどん、鶏ささみを盛り、スープを注ぐ。

ポイント

鶏ささみには筋がありますが、一度茹でてしまえば簡単に取り除けます。茹ですぎるとパサついて食べにくいので、火加減と時間がポイントです。

粒のままのゴマは消化しにくいため、すりごまを使いますが、ペースト状の練りごまを利用してもOK。より濃厚なスープになります。

わたしがレシピ監修しました!

管理栄養士GOHAN-MAYU

GOHAN-MAYU
管理栄養士

女子栄養大学卒業後、老人福祉施設での献立作成・調理業務、保健機能食品などの食品試験に関わる業務、飲食店での調理業務などを経て独立。「決して特別な日のごはんではなく、毎日食べたいココロもカラダもマンゾクするものを」をモットーに、素材の美味しさを生かした誰でも美味しく作れる料理を紹介し好評を得ている。現在は幅広く、料理教室、セミナー講演、出張料理などで活動中。
ブログURL:http://gohan-mayu.com/

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.