胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療の種類 » 内視鏡治療

内視鏡治療

早期の胃がんで受けられる内視鏡治療の方法やメリット、合併症について紹介しています。

身体への負担の少ない胃がんの治療法・内視鏡治療

内視鏡を使って、胃の内側からがんを切除する方法で、早期胃がんで、リンパ節転移の可能性がほとんどないものに適用されます。

リンパ節への転移の可能性がない条件としては、以下の4点挙げられます。

内視鏡治療は、がんを切除した後も、胃が温存されるので、食事への影響がほとんどなく、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)も保たれるというメリットがあります。

内視鏡治療には、内視鏡的粘膜切除術(EMR)と内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)があります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

がんの粘膜の下に、生理的食塩水などを注入してがんの粘膜を浮かせて、その根元に、スネアと呼ばれるリング状のワイヤーをかけます。

ワイヤーを少しずつ占めていき、高周波電流を使ってがんを切除。切除したがんは病理検査に回され、2mm刻みに顕微鏡で検査し、がんがリンパ管や静脈に広がっていないこと、がんが粘膜内に留まっていること、切り口にがんがなく、完全に切除されていることを確認します。これらの条件に1つでも当てはまらない場合、リンパ節転移の可能性があるため、後日、外科治療を行うことになります。

EMRは、全身麻酔をかけず、1時間以内で終了することがほとんどです。切除した跡にできた潰瘍は、内服薬で治していきます。

治療後の痛みが少なく、数日で食事ができ、1週間ほどの入院ですみます。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

がんの粘膜の下に生理的食塩水やヒアルロン酸ナトリウムを注入して浮き上がらせ、がんとその周りの組織をITナイフ(内視鏡で使用できる特殊な電気メス)ではぎ取る方法。

大きながんや潰瘍があっても、一度に切除することができます。

EMRと比べて、高度な技術が必要になり、時間もかかりますが、一括で切除することができます。

また、EMRでは対応できない2cmよりも大きながんや、内部に潰瘍をともなうがんにも対応でき、取り残しなく確実に切除できるように開発されているため、現在ではESDが主流になっています。

2006年からは医療保険で行えるようになりました。

早期がんの場合でも、内視鏡治療の条件を満たしていない場合は、外科手術が必要になります。また、内視鏡治療の後でも、病理検査・病理診断でがんの進行が認められた場合には、後日、あらためて外科手術が行われます。

内視鏡治療の合併症

内視鏡を使ってがんを切除するため、切除後も胃が温存され、外科治療と比べて入院期間も短いという利点があります。

身体への負担は少ないのですが、合併症もあります。

出血や、内視鏡治療により胃に穴が開くこと、切除した部分が潰瘍となるので、軽い痛みがある場合も。

そのような場合には、内服薬が処方されるので、指示通りに服用し、食事は消化の良いものを摂るようにします。

痛みが強かったり、いつまでも続く場合や、黒色便が出たり、血液が混じった嘔吐物がある場合には、主治医の診察を受けるようにしましょう。

参照元サイト:国立がん研究センター がん情報サービス:胃がん

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.