胃がんの治療の正しい知識 » 進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法 » ステージ4の胃がんにおいて手術できないケース

ステージ4の胃がんにおいて手術できないケース

一般に、ステージ4の段階まで胃がんが進行すると手術ができない、と言われています。しかしながら、厳密に言えば、たとえステージ4であれ手術ができない胃がんは、ほとんどありません。問題は、手術をすることにより患者の予後の改善につながるかどうか、という点です。抗がん剤での治療のほうが予後に貢献する可能性が高い中で、手術を選択することは賢明ではないでしょう。以下、ステージ4の胃がんにおける手術の考え方について、詳しく解説します。

胃がんステージ4(末期)において手術ができない原因

ステージ4の胃がんは手術ができないと言われている事情に関連し、まずは、どんな胃がんであれば手術ができるのか、という点から順に確認をしていきましょう。

手術ができる胃がんとは?

胃がんを含め消化器系のがんの手術の目標は、「がんをゼロにできる見通しがあること」です。手術を選ぶ以上、以下の4つの理由で、がんをゼロにできる見通しがなければ、手術をする意味がありません。

これら4つのリスクの可能性が低い場合は、手術をすることに積極的な意味があります。すなわち、手術ができる胃がん、ということです。

手術ができない胃がんとは?

手術が選択されない胃がんには、主に次の4つのパターンがあります。

それぞれについて、手術ができない理由を具体的に見ていきましょう。

1.他の臓器への遠隔転移が見られる胃がん

他の臓器へ遠隔転移が確認された場合、一般的に考えて、他の無数の部位にもがん細胞が散っている可能性が高いため、局所的に手術を行なっても意味がありません。

転移が見られたということは、それ以前に、胃がんの癌細胞が血液に乗った、ということを指しています。血液は全身を巡っているため、体の様々な箇所へ、目に見えないがん細胞が転移している可能性があります。転移先の一箇所のみに定着した、とは一般的に考えられません。

2.手術後に再発した胃がん

手術後に再発が確認された場合、目には見えない無数のがん細胞が、すでにあらゆる箇所に定着している可能性が高いと言えます。

がんの病巣1mmの範囲に存在するがん細胞が約100万個。再発を確認できるがんは、最低でも病巣が3~4mmほどまで成長しています。この段階に至っては、目に見えないがん細胞が無数にあると考えるのが通常であり、手術を選択することに積極的な意味を見出すことができません。

3.胃の周辺の重要な臓器への浸潤が見られる胃がん

動脈など、命の根幹となる重要な部位にがんが浸潤していた場合、手術は選択されません。胃がんとともに浸潤した部分を切除することは、技術的には可能です。しかしながら、命の根幹となる重要な部位の切除は、すなわち死を意味します。

逆に、切除してしまっても命に関わらない部分に浸潤が見られた場合は、胃がんとともに切除してしまうことは可能です。

4.切除することが不可能なほど病巣が拡大した胃がん

まれではありますが、技術的に病巣を取り除くことができないほど、病巣が拡大してしまっているがんがあります。技術的に不可能な以上、手術は選択されません。

手術ができないステージ4の胃がんへの対処法

ステージ4の胃がんに至っても、一切手術が選択されないという訳ではありません。状態を検討し、手術をするほうが予後の改善に貢献すると判断された場合は、手術が第一選択となる場合もあります。

しかしながら実際には、ステージ4の胃がんで手術を第一選択とするケースはまれ。一般には、次のような方法で予後の改善を図ります。

1.化学療法
化学療法とは、いわゆる抗がん剤による治療です。ステージ4の胃がんに対しては、原則的に第一選択として検討されます。ただし、抗がん剤は強い作用を持つ薬であることから、その作用に耐えうる体力が備わっていることが投与の前提となります。
2.放射線治療
病巣のがん細胞に放射線を照射し、がん細胞を死滅へと導く治療法。病巣が、手術可能なほど小さくなることもありますが、放射線による周囲の健康な組織への影響も懸念されます。胃がんに対しては効果が低いとする説もあります。
3.緩和手術(姑息手術)
胃がんの根治を目指すための手術ではなく、胃がんの影響によって生じる別の症状の緩和を目指すための手術です。具体的には、患部の単純切除、胃ろうの設置などがあります。
4.対症療法
胃がんによって生じる各種の症状を緩和させることを目的とした治療。具体的には、モルヒネ等の投与による痛みの軽減などを目指して行われます。
5.免疫療法
患者自身の免疫力を高めることにより、がん細胞を死滅へと導く治療法です。まだ研究途上の治療法であり、中には効果が確認されたものもありますが、逆に臨床試験が不十分なものもあります。自由診療となっている例が多く、一般に治療費は高額にのぼります。
6.代替療法
健康食品、鍼灸、アロマセラピーなどにより胃がんの症状の改善を図る方法。厳密な意味における「治療」とは異なりますが、患者によっては効果を得られる例も見られます。検討する場合は、大学などの研究機関で注目されている方法に注目すべきでしょう。

参考文献

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.