胃がんの治療の正しい知識 » 胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理 » 【管理栄養士監修】胃がん手術後の食事・レシピ » あさりと彩り野菜のクラムチャウダー

あさりと彩り野菜のクラムチャウダー

あさりと彩り野菜のクラムチャウダー

あまり食欲のわかない朝でも食べやすく、満足感のある具沢山なスープのレシピです。

牛乳には骨をつくる元となるカルシウム、あさりには血液をつくるために欠かせない鉄、ビタミンB12、ブロッコリースプラウトにはがんを予防するはたらきのあるスルフォラファンが含まれています。※1 ※2

*注目の栄養素
牛乳:カルシウム
ブロッコリースプラウト:スルフォラファン
あさり:鉄、ビタミンB12
※ビタミンB12は、術後、胃酸分泌が正常にできない場合、積極的に摂取する必要がある栄養素です。

調理時間 20分、エネルギー 435kcal

材料(1人分)

  • あさりの水煮 3缶分(250g)
  • 玉ねぎ 中1/20個分(10g)
  • ミックスベジタブル 10g
  • ブロッコリースプラウト 約1/10パック分(5g)
  • 牛乳 2.5カップ(500ml)
  • 洋風コンソメ 小さじ1(5g)

作り方

  • 手順1

    ①ブロッコリースプラウトを半分に切る。玉ねぎをみじん切りにする。(分量外)でもどしておく。

  • 手順2

    ②鍋に、牛乳、洋風コンソメ、ミックスベジタブル、玉ねぎを入れ、中火で5分煮込む。

  • 手順3

    ③②に、あさりの水煮、ブロッコリースプラウトを入れて蓋をし、中火で10分煮込む。

  • ④ お皿に盛り付け、パセリをかけて完成。

ポイント

時短ポイント

  • コンビニやスーパーで手軽に手に入る、あさりの水煮缶を使用することで、あさりの下ごしらえが不要になり、調理時間を短縮できます。
  • 玉ねぎをみじん切りにすることで、加熱時間を短縮できます。
  • 手軽な価格で手に入る冷凍のミックスベジタブルは、簡単に彩りと栄養をプラスできる便利な食材です。

調理時のポイント

加熱時間を長くすることで、牛乳の水分が飛び、より濃厚な風味に仕上がります。

保存する場合のおすすめ

冷凍保存が可能なので、タッパーか冷凍可能な容器に入れて、作り置きをするのもオススメです(1人分ずつ保存すると食べやすいです)。

【参考文献】

※1 戸塚雄弐 発行者『オールガイド食品成分表 2017』実教出版編修部 2016年発行

※2 杉山英子・小長谷紀子・里井恵子 著『基礎栄養学(第2版) 〜食生活と健康について考えるための基礎〜』化学同人 2016年発行

わたしがレシピ監修しました!

栄養士

和食ライフスタイリスト marie
管理栄養士

兵庫県尼崎市出身。『和食』のある食卓を囲む、心も身体も豊かなライフスタイルを広めるべく、和食ライフスタイリストとして活動中。料理初心者でも取り入れやすい、美味しさ、時短、栄養バランスが整う、驚きの“1アイディア”のあるスタイリッシュな『和食』のレシピを提案している。
<調理のナゼ?をナルホド!に。レシピから卒業する料理教室>主催、レシピ開発、食育イベント、コラム執筆など幅広く活躍中。
ブログURL:https://ameblo.jp/s-conecty

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.