胃がんの治療の正しい知識 » 胃がんの代替療法とその種類 » アロマセラピー

アロマセラピー

アロマセラピーを胃がん治療の代替療法として用いた場合の、期待できる効果や注意点についてまとめています。

アロマセラピーの胃がんに対する目的

アロマセラピーとは、花やフルーツ、森などの香りをもつ精油を使って、香りを楽しんだり、リラクゼーション効果を得たり、心身のトラブルを回復したり、病気の治療や緩和のために用いられる治療法です。

胃がんをはじめとするがんに対しては、アロマセラピーは、がんの縮小や消失を目的としているわけではなく、がん患者の心理状態の改善を目指していて、とくに、不安やうつ症状など、精神的な症状の改善効果を期待しています

その他、がんに伴う痛みや身体的症状の改善、抗がん剤や放射線治療の副作用の軽減効果が期待できます。

アロマセラピーにおいては、QOLの向上が改善するかどうかの臨床試験も多く行われています。その結果、普通にマッサージを行った場合よりもアロママッサージのほうが、精神症状に改善効果が認められたという報告もあります。

アロマセラピーのメカニズム

アロマセラピーで使用されるエッセンシャルオイルには、以下の作用があるといわれています。

アロマセラピーは、次のように体内に作用していきます。

アロマセラピーは、香りをかぐだけではなく、アロマオイルを使ってマッサージなどをした場合には、皮膚や粘膜からも吸収されて、効果を発揮するといわれています。

アロマセラピーの注意点

アロマオイルの原液は刺激が強いため、皮膚に使うときには、必ず希釈して使用します。原液を肌につけないようにしましょう。

希釈しても、皮膚がヒリヒリしたり赤くなったりした場合には、すぐに使用をやめて、病院で診察してもらいましょう。

希釈したものであっても、精油を飲んではいけません。

精油の中には、発がん性を有する可能性があるものもあります。アロマセラピーを行う場合には、必ず担当医に相談し、専門知識のある人に相談しながら行いましょう。

参照元サイト:がん研究開発費がんの代替医療の科学的検証に関する研究:補完代替医療ってなに?_アロマセラピー

知っておきたい胃がんと免疫力の関係
知っておきたい胃がんと免疫力の関係

レシピ監修者情報

運営者情報

胃がん治療の種類

進行度(ステージ)別・胃がんの症状と治療法

胃がんの再発・転移の可能性

胃がんの手術後に心掛けておきたいこと

胃がん治療後のQOL向上に欠かせない食事管理

胃がんの代替療法とその種類

胃がんと免疫力の関係とは

サイトマップ

Copyright (C)胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト All Rights Reserved.